話を「聞ける」親  

先日とあるテレビ番組かなにかで、子どもの話を聞ける親の子供さんは、
能力が豊かであるというお話を聞きました。

確かに!

「より良い人間関係を創るために」の選択理論のなかの身に着けたい良い習慣に

「相手の話を傾聴する」というのがあります。

こちらから一方的に、要求を伝えることは、実はあんまり内容が伝わっていないのかな。

例えば「どうしてこんなに成績下がった?なんかあった?」と優しく傾聴アプローチしていったら、

相手も「うーん、実はね・・・」と、少しずつ心を開いて話を始めます。

要は、成績アップのための手立てを見つけたいのだから、

まずは、本人にあった手立てを見つけることが賢い・・・

現状変化するために「相手に教え込む」「言ってきかせる」のではなく

「共に解決する」「傾聴する」
より良いコミュニケーションを創るためには、
必要不可欠な行動なんだな、と思います。


vcm_s_kf_repr_194x291.jpg







この記事へのコメント

 マナビ・クリエーション 関連キーワード:学習塾・塾
byマナビ・クリエーション